どーも奥さん、アナゴです。フグ田君、まあまあ30分だけ、な!


by masuo_anago
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

愛生会病院‥‥って。おや?

金曜の午後から微妙に具合が悪かったのだが、ま、治るだろうと甘く見ていたアナゴです、
すみません。

日曜になって「こりゃ自力ではどうにもならないやも」と思い、その日の休日指定病院を聞いたところ、それが、愛生会病院だったのです‥‥。
どこかで聞いた名前だとは思いました。
しかし、その時僕は思いだせなかった。
愛生会と名の付く病院が
あんな「愛生会病院」だったり、(素敵なフラッシュもあるでよ)
こんな「社団法人愛生会」だったり
愛生会病院」と言う段階で気付くべきだったのです。
しかし僕は熱にうかれた頭でそれどころではありませんでした。(今もそうだけど)
(当の僕が行った愛生会病院のホームページはこちらです。
やる気のカケラも見えないところが奥ゆかしいですね。)

さて、この病院が何処にあるかと申しますと、
f0065721_2281798.jpg
このへんです。
これを見ると「あら、結構街に近いじゃない?」とか思いがちですが、
f0065721_229941.jpg
残念、回り一面畑です。
交通の便は良いとか悪いとかの問題ではないような所です。
ま、近隣の中学校とか鉄工所の人に愛用して貰えばいいんじゃないかねえ。

さて、くらくらしながら叔父の車で初めての愛生会病院。
ほほう。綺麗な病院ですね。新しい感じ。
待合室も広くてソファーもゆったり、テレビも大画面。しかし窓からの反射で見にくいですが。
受け付けのお嬢さんは親切だし、看護士さんも丁寧かつ親切だ。
奧の事務スペースもパーテーションで句切ってあって良い感じだ。
薬剤師さんも丁寧ですね。
うん、いいじゃないのいいじゃないの。

医師をのぞけば。

確かにインフルエンザかも知れなかったさ。
検査キットで検査すれば済むだけかもしれなかったよ、ああそうだとも。
しかし僕はインフルエンザではなかった。
熱もある。
咳もある。
君は聴診器で呼吸音とか聞かなくても万が一の病気も見逃さないほどの名医なんだね。
すばらしいよ。

いまだかつてコートのボタンも外さずに終始した病院はここが初めてだ。
何か特種なスキャン装置とかスキャン目玉とかあるに違いない。

医学の進歩って素晴らしいね。

1日たってなんの改善も見られないので、さすがにちょっと勇み足とは重々自覚しつつも、昨日もう一度行って来た。だってそんなに仕事休んでいられないからね。
開口一番。
「なんか変調あったの?」
変わらないから来てるんだけどね。喧嘩売ってるのかな?
「そんなすぐすぐ治るもんじゃないし、僕だって5日くらいかかるよ」
うん、それはわかってるとも。君がどれくらいかかるなんて興味もないけど。
「熱もちょっとずつだけど下がってるでしょ?」
うん、37.8→37.4→37.2、そして今は37.5だけどね。
「インフルエンザだったらタミフルで1日で治るけど」
タミフル出す気?!勇気あるなー。インフルエンザじゃなくて良かった‥‥。
「あとするったら、注射くらいだけど、うっとく?」
ええ。ところでなんのアンプルも追加しませんでしたが、単にリンゲルでもうっとけってそんな感じですかねえ?
‥‥で、今日も喉見たり、聴診器当てたりとか何もしないんだね。
まあそうだろうと思って最初から僕もコート脱いでないけどね。

注射を打ってもらったけれども何の改善もなかった。
やれやれだ。

ああ、そうそう。もし旭川の愛生会病院の人が見ていたら‥‥
トイレのドア、あれ開きっぱなしになるのはちょっといただけないと思うよ。緩やかにでも閉まる方向のほうがいいんじゃない?
[PR]
by masuo_anago | 2007-03-13 22:38 | アナゴのつぶやき