どーも奥さん、アナゴです。フグ田君、まあまあ30分だけ、な!


by masuo_anago
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:読み物 ( 88 ) タグの人気記事

余談ですが。

僕はなぜか外国人の男性にモテる。
嬉しくない。
おかげで僕は黒人コンプレックスだ。あと、アラブ系。

怖ろしいことに電車や駅で痴漢にあったことがある。
当然相手は男性だ。‥‥いや、当然って言うのもおかしいけど。
っていうか僕、痴女って見たことがないんですが被害にあった男性の方は実際いらっしゃるのでしょうか?どんな感じ????

まあそれはさておき。

なんでこんなことを思い出したかというと「青空 に か み な り」で「道を聞かれる」話が出ていたからでして。(ちなみにかみなりさんは現在お休み中)

いや、道案内の話しは良い話しなの。僕も嬉しくなった心温まる思い出なのだ。
横浜駅の近くのビジネス街を歩いていたときだった。
「アノ、スミマセン」
そんなカタコトの日本語で僕は呼びとめられた。
見れば外国の方だ。グレー系のきちんとプレスされたスーツを着ている。ビジネスマンなのだろう。インドか、アラブか‥‥まあ僕はその辺りには詳しくはないのでよくわからなかったが、つまりそういう「濃い顔」の人だった。
「ハゥξ@υ※☆*@ナントカカントカ∀√※☆ÅΠξ@υ?」
ちょっとまて。英語か?英語なのか?ヒンドゥー語とかじゃないよな??今「ハウ」っていったよね?よね?
しかし残念なことに僕は母道語に愛着がある余りに、北海道弁と若干の日本語しかわからないのだ‥‥。そして僕らの世代の学校教育の英語は実践では役に立たない。
とりあえず、僕は立ち止まって目が合ってしまった以上対応する義務があった。
僕は「にげる」コマンドを実行した。
「あい、どんと、すぴーく、いんぐりっしゅ。そーりー」
>アナゴは逃げられない!
しかしアフマドさん(仮名)は更に続けた。
「√※☆ÅΠξ@υテイション√※☆ÅΠξ@υ?」
‥‥ていしょん?
‥‥すていしょん?
「ヨコハマ・ステイション?あー、もあすろーりー、ぷりーず」
「ェス!ハウナントカカントカゴートゥヨコハマステーション?」
つまりあれか?
ハウ、ゴー、というからには横浜駅に行きたいがどういったらいいのかというのか。激しく推測だが。
「あー、あいあむ、ごーとぅーヨコハマステーション、ナウ。あー‥‥とぅぎゃざー、うぃずみー?」
「Oh!Thank you!」
さんきゅーはわかった^^
そうして歩きだした僕らなのだが、アフマドさん(仮名)はずっと僕の斜め後ろを歩いてくる。常に2歩くらいうしろ。僕が歩くスピードを落とすと、アフマドさん(仮名)もスピードを落とす。少し速く歩くと、早足で付いてくる。時々僕が振り返り目があるとニコッと笑うから、一緒に行くと言うことはわかっているようなのだが。
横に来ればいいのにとか思いながら撒いてしまわないように何度かふり返っては笑顔をかわしつつ、僕らは無事横浜駅西口に着いた。
「でぃすいず、ヨコハマステーション」
僕は駅を指差しながら笑顔で言った。
「Thank you!」
そしてアフマドさん(仮名)は初めて僕のすぐ側に立ち、右手を出した。
僕も右手を差し出し、一度強くグッと握手をした。
「ユアネイム?」
握手をしながらアフマドさん(仮名)に尋ねられた。
「まいねーむアナゴ」
「ア・ナ~ゴ」
「イエス^^」
そしてもう一度ぐっと握り、手を離した。

僕らは交番の前で別れた。
僕はハンズ方面に。
アフマドさん(仮名)は駅構内に。
1、2歩歩いてふり返るとアフマドさん(仮名)もこちらをふり返っていた。
アフマドさん(仮名)は右手をあげて大きな声でもう一度言った。
「Thank you!ア・ナ~ゴ!」
僕も笑顔で右手をあげた。

僕の言葉がなんとか通じたことよりも、僕が外国の方を道案内できたことよりも、アフマドさん(仮名)と笑顔を交わせたことが何よりも嬉しかった。

それからポケットに入れた右手を握りながら、ハッと思った。
僕は彼の名前を聞くのを忘れていた。
‥‥でもまあ、いいか。
彼はいつまで「ア・ナ~ゴ」を覚えていてくれただろう。
まあ名前は忘れちゃっても良いんだ。
ただ、日本人もそう悪くないなって思ってくれていれば嬉しいかな。

にしても今これを書いていて「あー、この『いざとなったらやぶれかぶれでもなんとかのりきる』原点ってベリモア先生のおかげだったかもなあ、とか思ったよ。
 
[PR]
by masuo_anago | 2006-09-29 23:29 | アナゴのつぶやき
f0065721_21271650.jpg
彼女を怒らせてしまった。
原因はバレンタインデーに彼女にもらったチョコレートを今の今まで食べずに放置していたからだ。
いや、実の所それだけが原因ではない。
たまたまチョコをくれた『あくまでお礼に』なのだが、
エイミーと映画に行ったり、
サマンサと海に行ったりしたのがばれたからだ。
しかしもっとも彼女を怒らせたのはマイケルと遊園地に一泊旅行に行ったことだった。
「誤解だよ」僕は必死に説明をした。
映画に行ったのだってたまたま君は見ないような映画だっただけだし、
海は君が家族と旅行に行っていなかったとき暑かったからなだけだし、
遊園地は、たまたまマイケルが持っていただけなんだ。

「わかったわ」彼女は溜息をつきながら言った。
「とりあえず、このチョコレートを食べてしまいましょ」
やっと機嫌を直してくれたようだ。

次の瞬間、彼女はハート形のチョコレートのまん中にナイフを突きたてて割った。

それからまもなく、僕達は別れた。 
 
[PR]
by masuo_anago | 2006-08-25 21:27 | アナゴザ・マンション
今日は暑いです。やけに。
途中気温表示を見たら33度でした。クラクラです。
さっきドーナツ食べたのでお腹があまり減らず、今日はドリンクのみで…。
アイスコーヒーもいいけどアイス・オレもいいなあ。
そしてアイスも食べたい。…そんな折衷案としてコーヒーフロートにしてみましたよ♪
f0065721_15575299.jpg
フロートの醍醐味はなんといっても「アイスの下のシクサク部分」ですねえ。
ガツガツ食したあとはオレを満喫。煙草を満喫。
う~ん…外に出たくない…。

ところでここって何時までなんでしょうねえ…。
…5時までなんだそうな。ほう。

おっと観光客のご家族だ。
「電車」ということは君たち、内地の人だな?!ウム。
 
[PR]
by masuo_anago | 2006-08-21 15:57 | アナゴのつぶやき

突撃小鳥。

先日、リビングでくつろいでいたらいきなりベランダのガラスに。

バン!!!‥‥何かが突撃してきた。
なんか、白くて小さくて、やわらかいもの‥‥。‥‥ふわふわの。

「小鳥だよーーーーー!」
僕と奥さんはちょっとパニックですよ。
僕は外を眺めておりましたから、激突の瞬間も見ていたのです。
何かが物凄い勢いで飛んできて、ガラス面でぶにぃっとひしゃげてはね返ってぼよっと落ちる一部始終を。一瞬ゆがんだ白いふわふわを。

「?!?!」
あわててベランダに駈けよります。
ドコダドコダドコダ?!?!
「あそこだ、奥さん!」
斜め前の隅っこにひっくりかえって、首を向こう側下に上下逆さまで。
こっちに突きだした足がピクピク痙攣している。

‥‥ヤバイ。
僕は思いました。
‥‥これはヤバイことになった。
この小鳥を庭に埋めてあげるにしても、手に取らなきゃ駄目だよね。
その時、おそらく半端ないスプラッタな状況の頭部とかが目に入っちゃったら。
‥‥眠れないよ。忘れられないよ。

しばらく二人で小鳥をじっと見ていました。
僕はハッと思いました。‥‥ガラスは?
慌てて目線を映したガラスにはちょっと脂っぽいオデコをくっつけたような跡があるだけ。
血痕はない。
‥‥最悪スプラッタはまぬがれたようだが。
「ねえ、まだ動いているよね?」奥さんが聞く。
小鳥に視線をもどせば、相変わらずピクピク痙攣する小鳥。
「でも、これはもう駄目かもわからんね‥‥」
「‥‥」
近寄ることも出来ず、かといって目を離すことも出来ず無言で見つめる僕達。
どうすればいいんだ。
いつになったら事切れるんだ。いつまで僕らは見てればいいんだ。
苦しいのか?今瀕死なら、いっそどうにかしてやっちゃう方が良いんじゃないのか‥‥?
それができるのか?

否。
僕らは見つめるだけ。
小鳥は痙攣するだけ。

‥‥
[PR]
by masuo_anago | 2006-08-18 16:02 | アナゴのつぶやき
f0065721_18135887.jpg
22:00 事の真相を聞いた僕は、愕然としていた。
       しかしもう遅い。何もかにもが。

21:58 僕は彼女の同僚というその女性にすべてを聞いた。
21:56 彼女の携帯がなっていることに気が付いた。
21:55 我に返った僕はグッタリとした彼女に気が付いた。
      そんな‥‥僕が、この手で?!
21:52 前から気が付いていた。彼女は僕以外の人とも付き合っていると。
21:50 彼女の首に手を回し確認する。
      ネックレスの後には何も書かれていなかった。
21:47 彼女が焦った顔をする。
      僕は心の奥からなにかどす黒い感情が沸きあがってくるのを感じた。
21:46 「え?書かれてあること‥‥って‥‥?」
      彼女はわからないといった顔をした。
21:45 「ネックレスの後に書いてあるメッセージを見てくれたかい?」
      僕は彼女に聞いた。


ネックレスの後には「Marry me」と書かれているはずだった。
彼女のネックレスには何も書かれていなかった。
そして‥‥僕は、彼女を‥‥!

ロッカールームでぶつかった彼女と同僚の女性は、偶然にも同じ包みの箱を持っていた。
偶然にも、同じ中身の。
中身を見た女性は彼女に慌てて電話をしてくれた‥‥しかし、もう、何もかも‥‥遅かったのだ。

たった15分、遅かったのだ‥‥。
 
[PR]
by masuo_anago | 2006-08-09 18:15 | アナゴザ・マンション
「とっかんのおんな」の七夕の話しに便乗してみる。

七夕なので叔母宅にてのんびりご飯。
食後煙草を吸いに行こうと思ったら「やめときなさいな」と。なんでだい?いつも気にしないじゃないの。
「見つからないようになさいよ」
「何に?」
「‥‥ろうそくだせ」

前は普通にやっていたらしいんですが、この頃のオコサマは「金じゃないと喜ばないから嫌になった」という。
インターフォンがあるんだけどね、それを何げに通話にして忘れてたんだと。そうしたら「何もらったー?」「なんだよお金じゃねーの?」と聞こえたからもう嫌なんですってよ。
まあ、わかるな。荒んでるねえ。

そもそもねえ、僕らがお子様の時には親がきちんと子どもに言っていたもんです。
「あそこから向こうは、お隣の町内だから向こうは行っちゃ駄目よ」ってね。
今はボーダレスの時代とはいえ、四方からやたらめったら来られるのもちょっと困りますよ。
いわんや、チャリで遠征してこないでくれませんかね。
正直何処の誰ともわからない見ず知らずのお子さんに、始終呼びだされて対応するほど暇じゃないんです。風呂に入っても良いですか?まだ駄目??
いったい何時までするつもりなんだね。

そもそもお菓子の数も町内のお子さんの数でだいたい予測付けて用意してあるんですよ。多少は多めにしても。時々従妹が来てたから、何て事もありますからね。まあ最近は入れかわりが激しいので予測不能な部分もありますが。
しかしねえ。教会の慈善事業じゃないんでねえ。
叔母が言うに「良くない習慣になった」と。
そうね、金はよろしくないですね叔母さん。お金だと用意するの便利だけどなんかイヤラシイよね、物乞いじゃないんだから。
あとねえ、ろーそくだせって歌う前にインターフォン押すのやめてくれないかね。
それはなにかい?開演前のブザーか何か?

そんなわけで僕は足音の途切れたすきを見て姿勢を低くして家の裏手にまわり、煙草の火が見つからないようにまわりを伺いながら一息入れ、木々の陰に身を潜めながらじわりじわりと玄関に忍びより、帰還したのであった。

‥‥ゲリラですな。

まあ年に一回くらい、こうしてゲリラごっこをするのもいいか。
それとも来年は「本日の営業は終了いたしました」の札を下げておくことを叔母に提案しようか。

身を潜めて煙草を吸っている途中、チャリに乗った子どもの会話が耳に入った。
「これから?もう帰るの?」
「いや、もう一回りしてくるかなと思って。ここ行った?電気付いてるよね」
「いや。でもここ、オバケいるって」

‥‥‥‥オバケは居ませんがゲリラならいますよ。
 
[PR]
by masuo_anago | 2006-08-08 14:27 | アナゴのつぶやき
僕おまちかねの原じゅく情報です。やったー♪

皆さん!大変です!
原じゅくのアイスコーヒーに異変が!!
f0065721_14523672.jpg

ガムシロです!!たぶん。
確かめてみましょう…ぺろり…

ガムシロです!!

ってことは、コーヒーが無糖に?!

……微糖でした。
でもがんばってる!原じゅくがんばってるよ!
 
[PR]
by masuo_anago | 2006-08-07 14:52 | アナゴのつぶやき

とある老人の話。

まあ、ちょっと思いだしたから書くんだけどね。別に面白い話じゃないけれども。
読みとばしてくれてかまわないとも。


僕の母方の祖父はえらくモボでイカシたじいちゃんだった。
その祖父の話なんだけれども。

フラリと「散歩に行ってくる」と出掛けたっきり見当たらなくて、僕と兄者がチャリで駆けずりまわって探しても見つからなくて心配してたら、飄々とお菓子で一杯の紙袋をかかえて夕日をバックに帰ってくるような祖父だった。
パチンコに行って来たんだって。「たまに行くと当たるんだな」なんて満面の笑顔で言いながらね。
まあ母にしこたま怒られていたけれども。
神妙な顔で謝ってシュンとして部屋に戻っていったから僕らが心配して見に行くと、ニカッと笑って「お菓子食べるか」なんて言ったりして。
でもそれからはちゃんと行き先を言って出掛けてくれるようになった。

母が言うに、若い頃からお洒落な人だったそうだ。
祖母は苦労したそうだ。

その祖父が一時、禁煙させられたことがあった。しばらく地元を離れて地方の娘さんの所に居たときのことだ。
娘さんって言っても僕の伯母だからまあ、そこそこの年齢の方だね。
祖父も70歳越えていたかな。
伯母は祖父を想い、健康を考えての事だったんだけれども、半年ほどたって地元に帰ってきた祖父は「煙草だけは我慢しないで吸わせてくれ」ってほとほと困った表情で言った。
「この歳になって我慢して悔いを残して生きてなんぼのものか」ってね。

正しいと思ったよ。

だから、それから祖父の箪笥の一番下の段に煙草を切らしたことはなかった。
祖父がパチンコでもらってくるお菓子の詰まった紙袋にはいつも「わかば」が1カートン一緒に入っていた。

僕が初めて吸った煙草は祖父の箪笥からくすねた「わかば」だった。
祖父を花で囲んだ日、僕は「わかば」も横にそっと置いた。

僕の思いだす祖父はいつも片手に煙草を持っている。そしてシブイ緑茶を一口啜るとこっちを向いてニカッと笑う。
祖父は僕のあこがれの人だ。
 
[PR]
by masuo_anago | 2006-08-06 16:02 | アナゴのつぶやき

かき氷三兄弟

僕はやっぱり「スイ」がいいね。しかし無いところも多い。
イチゴミルクも好き♪イチゴにするならミルクをかけろ!
ミルク多目で。

---------- キリトリ -----------
f0065721_22371023.jpg
イチゴのかき氷と見せかけて‥‥
じつは、ガリ山盛なんです‥‥。

---------- キリトリ -----------
f0065721_22372035.jpg
ブルーハワイのかき氷と見せかけて‥‥
じつは、ぴちょんくんなんです‥‥。
可愛がってあげてください。

---------- キリトリ -----------
f0065721_2237299.jpg
メロンのかき氷と見せかけて‥‥
じつはわさびてんこ盛りなんです‥‥。

‥‥あ、お水、飲みます?
---------- キリトリ -----------

でもレモンも好き。
[PR]
by masuo_anago | 2006-08-04 22:44 | アナゴザ・マンション
たまにはのんびり過ごしたいなとか思ってですね‥‥
f0065721_22183442.jpg
  すごく盛大な花火大会を、
  きのう見に行ってきたら、
  やっぱり疲れちゃって、
  きょうはお休みすることにした。

f0065721_23817100.jpg
んまァ実際のところベランダから眺めたわけだが。
小さい~。

[PR]
by masuo_anago | 2006-08-04 22:20 | アナゴザ・マンション