人気ブログランキング |

どーも奥さん、アナゴです。フグ田君、まあまあ30分だけ、な!


by masuo_anago
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

塩ラーメン物語

f0065721_14584599.jpg
「らっしゃい!なんにします」
「そうだな‥‥今日は塩バター牛乳ラーメン、ラー油多目で」

そこでガラガラと扉をあけて綺麗な女性が入ってきた。
女性はカウンターの奧に座った。

何げにそちらを見た僕と一瞬目が合う。運命的な物を感じた。
僕はためらわず店の主人に声をかける。
「主人、あちらの女性にこれと同じ物を」
「承知しました」
長年カウンターをあずかっているだけはある。話が早い。
すぐさま女性の目の前にもうもうと湯気をあげるどんぶりが差し出された。
「あちらの紳士からです」
女性がちらりとこちらに視線をむける。
僕はれんげでスープをすくうと、軽く上げ微笑みかけた。
彼女も同じようにスープをすくうと、れんげを上げ微笑んだ。

僅かな間、視線がからみあう。
見つめあったまま僕らはスープを口に運んだ。

時にはこんな出会もある。
by masuo_anago | 2006-08-01 15:00 | アナゴザ・マンション