どーも奥さん、アナゴです。フグ田君、まあまあ30分だけ、な!


by masuo_anago
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

モサモサしました。

引き続きフグ田君 フェア 開催中

<今日のマスオさん>
私は賞味期限が10年過ぎたハイチューを食べたことがあるのですが、
感想は、乾いてはいるものの、かんでいるといつもと変わらない食感でした。
おなかは大丈夫でした。
我が家の冷蔵庫に保存してあったものです。

そこでお尋ねですが、かなり昔のものをたべた
エピソードを聞かせてください。

質問した人: steinernema1192さん

<アナゴ>
14年前の乾麺のヨモギほうとうを食べてみました。
つるつるしこしこもっちり感がなく、もっさもっさボソボソしました。
昨日からお通じがないので来るなら来い!カマーン!と思っていましたが、平然たるや凪の海の如しです。
やれやれ。汗かきすぎて水分が足りないかな。

ところで僕は昔とある実験をしたことがある。
題して『陽当たりの良いところに牛乳(紙パック入り)を置いておくとどうなるか実験』である。(注意:飲んではいません)
方法は毎週決まった曜日に給食の牛乳を残して、生徒会室の陽当たりの良い窓枠に並べておくという物である。(僕が飲んだ日は残った物をもらう)
5期(2年半)続けた。
蒸し暑い日有り、しばれあがる日有りという波乱の実験だ。

僕の任期があける日に結果を確認した。
うろおぼえだが、主に形状としては3タイプだった。
①液状
②液状にそぼろ状の固形を含む
③主に固形(分離した液あり)
当然年月と共に①→②→③とうつるものであると予測をつけていたが、結果は意外な形だった。
①→②→③、その後①に戻るのだ。

最初から「特等」を引いたのでは面白味に欠けるので製造年月日が新しい方から開けていったのだが、
最近の物から1年近くまでは開封前に振ると通常の物と同じ音、感触。開封してみると中身はまだほぼ液状(但し後半は多少の固形物も見られなくはない)臭いにも意外に変化は見られなかった。

一年から1年半までは開封前はチャポチャポいうが、重い感触。開封してみると中身は液体にそぼろ状の固形が浮いている状態。液体の色は白。ちょっと牛乳のにおいのキツイ感じの臭いがする。我慢できない範囲ではない。(そういう問題ではないが)

一年半を越えると振れない物が多くなる。音が鳴らない。中身が詰まっている感じで動いている気配がない。それでも尚かつ強く振ると「ガポガポ」という音がする。普通の牛乳パックを開ける要領で片方開くと透明の液体が少し出てくる。臭い。ゆすっても出てこないのでもう片方も開け上部全開の状態にして逆さまに振るとガポ!ベチョ!と、四角い塊が出てきた。見た目はヨーグルト。あるいは木綿豆腐のゆるい感じ。しかし臭い。
後半の物はなにやらピンク色がかったところやら黄ばんだところがあった。水道の蛇口から直接水をかけるが、水が直接当たるところは削れるが多くの部分は崩れず流れず。必死に鼻を覆いながら割りばしで崩してむりやり流す。

二年物になると振るとチャプチャプする。特に重くも感じない。気のせいかやや紙パックが膨張して張っている。封を開けると「シュー」とガスが漏れる。ヨーグルトのような臭いはするがさほど臭く感じない。
多少の固形物は見えるものの、さらっと流れる。やや水で薄めたような、牛乳本来の「不透明白色」ではなく「黄ばんだ透明感を残す不透明」な液体。チーズが乾いてちょっと透明になったような感じというとわかりやすいだろうか?あそこまで透明度は高くないが。

以上のような感じであった。

窓枠に並ぶ牛乳パックが無くなったのはなにか寂しく感じられたが、これが卒業という物か‥‥としみじみ感じた。
まあ先生に「アナゴが居なくなる前に整理していけよ」といわれたから、というのは横に置いておくとして。

注意
食べ物を粗末にしてはいけません。
[PR]
by masuo_anago | 2006-08-21 21:39 | ズバリ斬る