人気ブログランキング |

どーも奥さん、アナゴです。フグ田君、まあまあ30分だけ、な!


by masuo_anago
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:体験談 ( 81 ) タグの人気記事

そうそう。
「そうだ○○へ行こう」で思い出したんだけれども。

僕の先輩にとんでもない人がいた。
なんというか‥‥本人は否定するだろうけれども、人生楽そうで良いなあみたいな。

ある朝、その先輩が職場にいなかった。
連絡も無かった。
昼になっても音沙汰がなかった。
夕方、心配していた僕らのもとに、一通の電話が‥‥。

「いやー僕、今、立山なんで」
(゚Д゚)ハァ?!

「いや、そろそろ雷鳥の気節だなあと思って」
具体的にどんな気節?
「ぃやー♪会社の帰りにパチンコ行ったら大当たりしちゃってさあ」
泡銭か!
「電車乗りかえるとき、勢いで乗っちゃって」
‥‥え?
「やーこの格好じゃ寒いわ。でも見れたから満足したわ!」
スーツかよ!!いきあたりばったりかよ!

2、3日したら帰りますんで、なんて電話は切れた。
当時が春先なのか秋口なのか記憶にないけれども、数日後僕の所に来た先輩は元気だった。
見たくもないのに見せてくれた厚さ10cmをゆうに越えるであろう写真の束(2つ)の中には、確かに白い冬毛の雷鳥の写真も入っていた。
 
by masuo_anago | 2006-10-17 22:49 | アナゴのつぶやき

余談ですが。

僕はなぜか外国人の男性にモテる。
嬉しくない。
おかげで僕は黒人コンプレックスだ。あと、アラブ系。

怖ろしいことに電車や駅で痴漢にあったことがある。
当然相手は男性だ。‥‥いや、当然って言うのもおかしいけど。
っていうか僕、痴女って見たことがないんですが被害にあった男性の方は実際いらっしゃるのでしょうか?どんな感じ????

まあそれはさておき。

なんでこんなことを思い出したかというと「青空 に か み な り」で「道を聞かれる」話が出ていたからでして。(ちなみにかみなりさんは現在お休み中)

いや、道案内の話しは良い話しなの。僕も嬉しくなった心温まる思い出なのだ。
横浜駅の近くのビジネス街を歩いていたときだった。
「アノ、スミマセン」
そんなカタコトの日本語で僕は呼びとめられた。
見れば外国の方だ。グレー系のきちんとプレスされたスーツを着ている。ビジネスマンなのだろう。インドか、アラブか‥‥まあ僕はその辺りには詳しくはないのでよくわからなかったが、つまりそういう「濃い顔」の人だった。
「ハゥξ@υ※☆*@ナントカカントカ∀√※☆ÅΠξ@υ?」
ちょっとまて。英語か?英語なのか?ヒンドゥー語とかじゃないよな??今「ハウ」っていったよね?よね?
しかし残念なことに僕は母道語に愛着がある余りに、北海道弁と若干の日本語しかわからないのだ‥‥。そして僕らの世代の学校教育の英語は実践では役に立たない。
とりあえず、僕は立ち止まって目が合ってしまった以上対応する義務があった。
僕は「にげる」コマンドを実行した。
「あい、どんと、すぴーく、いんぐりっしゅ。そーりー」
>アナゴは逃げられない!
しかしアフマドさん(仮名)は更に続けた。
「√※☆ÅΠξ@υテイション√※☆ÅΠξ@υ?」
‥‥ていしょん?
‥‥すていしょん?
「ヨコハマ・ステイション?あー、もあすろーりー、ぷりーず」
「ェス!ハウナントカカントカゴートゥヨコハマステーション?」
つまりあれか?
ハウ、ゴー、というからには横浜駅に行きたいがどういったらいいのかというのか。激しく推測だが。
「あー、あいあむ、ごーとぅーヨコハマステーション、ナウ。あー‥‥とぅぎゃざー、うぃずみー?」
「Oh!Thank you!」
さんきゅーはわかった^^
そうして歩きだした僕らなのだが、アフマドさん(仮名)はずっと僕の斜め後ろを歩いてくる。常に2歩くらいうしろ。僕が歩くスピードを落とすと、アフマドさん(仮名)もスピードを落とす。少し速く歩くと、早足で付いてくる。時々僕が振り返り目があるとニコッと笑うから、一緒に行くと言うことはわかっているようなのだが。
横に来ればいいのにとか思いながら撒いてしまわないように何度かふり返っては笑顔をかわしつつ、僕らは無事横浜駅西口に着いた。
「でぃすいず、ヨコハマステーション」
僕は駅を指差しながら笑顔で言った。
「Thank you!」
そしてアフマドさん(仮名)は初めて僕のすぐ側に立ち、右手を出した。
僕も右手を差し出し、一度強くグッと握手をした。
「ユアネイム?」
握手をしながらアフマドさん(仮名)に尋ねられた。
「まいねーむアナゴ」
「ア・ナ~ゴ」
「イエス^^」
そしてもう一度ぐっと握り、手を離した。

僕らは交番の前で別れた。
僕はハンズ方面に。
アフマドさん(仮名)は駅構内に。
1、2歩歩いてふり返るとアフマドさん(仮名)もこちらをふり返っていた。
アフマドさん(仮名)は右手をあげて大きな声でもう一度言った。
「Thank you!ア・ナ~ゴ!」
僕も笑顔で右手をあげた。

僕の言葉がなんとか通じたことよりも、僕が外国の方を道案内できたことよりも、アフマドさん(仮名)と笑顔を交わせたことが何よりも嬉しかった。

それからポケットに入れた右手を握りながら、ハッと思った。
僕は彼の名前を聞くのを忘れていた。
‥‥でもまあ、いいか。
彼はいつまで「ア・ナ~ゴ」を覚えていてくれただろう。
まあ名前は忘れちゃっても良いんだ。
ただ、日本人もそう悪くないなって思ってくれていれば嬉しいかな。

にしても今これを書いていて「あー、この『いざとなったらやぶれかぶれでもなんとかのりきる』原点ってベリモア先生のおかげだったかもなあ、とか思ったよ。
 
by masuo_anago | 2006-09-29 23:29 | アナゴのつぶやき
f0065721_1319571.jpg
今年は思わぬ大地の恵みをいただきました。
f0065721_13404165.jpgこのかぼちゃ、実は去年市販のかぼちゃの種をコンポスに捨てたものから勝手にはえてきた物。
(←コンポスト。通称コンポス。旭川市ではコンポスを設置する助成制度があり、かなり普及しています。実際叔父の近隣の家にはほとんど設置されています)
コンポスは年に数回、中のたい肥が「良い感じ」になったら別の場所に移すんですが、ここはたしか去年の夏くらいにコンポスがあった場所‥‥。
春先に2つ、かぼちゃがの芽が出ていたので「まあ、たいした物はならないだろうが折角だからこのまま植えておくか」ということになったわけです。
しかしこれがまたコンポスのあったところ(すなわちたい肥たっぷり)だったせいか、庭を横断する伸びっぷり。
大小さまざまですが計7つ収穫できました。
なかでもこいつはデカイ!
f0065721_1348519.jpg
市販の物よりもずっと立派!ズッシリと重くて大変良い出来です。

ゼロから大地の恵み100%のみで育ったかぼちゃ。本当に有難いですねえ。
 
by masuo_anago | 2006-09-28 13:19 | アナゴのつぶやき

火災発生か?!

出先で建物を出た瞬間目の前をサイレンを鳴らした消防車が。
「ををを?!この辺りで火災か?!」
通りすぎていった消防車のサイレンが、すぐ近くで鳴りひびいたまま小さくならない。
「近くだねえ」
なんて言いながらもいつもの方向へ道を曲がった‥‥って目の前に居るじゃないか!
「ちょ、そこにいるよ。反対側の道に付けて!」
僕の中の野次馬根性ジャーナリズム魂が叫んだ。決して緊急車輛好きなわけではない。断じて。

f0065721_16125541.jpg
場所は豊岡4条4丁目。近隣にはユニクロ、ホクレンショップ、ホーマック、旭川竜谷高校などがある。
ホクレンショップの裏手、隣のマンションが出火点のようだ。
(写真ののマンション。左手にホクレンショップがある)

f0065721_1784510.jpg

遠く大きな道との交差点にはパトカー配備。オレンジレスキューの姿も見える。

f0065721_1791615.jpg

障害物除去機能付の車輛も配備。
あたりは騒然とし物々しい車輛がズラリ並んでいるが、煙などは一切無く延焼している様子はない。

f0065721_1793322.jpg

指揮隊車である。
場所はマンション左のホクレンショップ裏に配備。
その時隊員の会話から「ガス漏れ」という言葉が聞き取れた。

f0065721_1710142.jpg

まもなく旭川ガスの車輛到着。
左から二台目、白地に黒ラインの車輛である。
右には水槽付ポンプ車(?)、画面からは外れるがそのさらに右に上記指揮隊車がある。

f0065721_17101730.jpgシロウトなので実際は何車かわからんが、見た感じこのような配備。
指揮隊車:1台
はしご車:2台
ポンプ車:3台
救助車:1台
パトカー:2台
部隊マイクロ:2台(査察広報車?とレスキューが乗ってきたと思われるマイクロ)
救急車:1台

f0065721_1711747.jpg

それからしばしたったが良くも悪くも進展は見られず。
15分ほどしてマンション入口近くに近付いてみたが、ホースをたたんでいるようだ。
まもなく入口から隊員も戻ってきた。

f0065721_17112378.jpg
その後「旭川情報ネット」にて調べた結果、やはりマンション火災だったようです。
どうやらボヤ程度ですんだようでなによりでした。

>>>動画(一瞬ですが)はこちら<<<

by masuo_anago | 2006-09-26 15:37 | アナゴのつぶやき

ヒドイ!駄目だ笑った!

それは妖精じゃないよきっと!!!

なんだその動き!
思わず吹いたーーー☆
ありえなすいすい♪
 
by masuo_anago | 2006-09-23 16:16 | アナゴのつぶやき
「ほい、出来た。お皿‥‥これ?!」
f0065721_22155012.jpg
毎度の事ながら、洋食ですがなんか違う世界です。

‥‥っていうか‥‥っていうかさ。
‥‥鮭‥‥塩焼きでも良かったんじゃないの‥‥?
いや、ていうか見た感じ普通に焼き魚だよね。シチュー‥‥おかゆみたい。
無駄に手間かけたんじゃないの‥‥?
 
by masuo_anago | 2006-09-16 22:17 | アナゴのつぶやき
こんにちは。今日は暑いのでややだれているアナゴです。
‥‥まあ、いつもの通りと言えばいつもの通りですが。

ま、暑いので。
ちょっと前から気になっていることを解決してスッキリしてみようかと。

まあ結論を言えば168Kcalでした。
‥‥電話しましたよ。
無駄にやる気のあるアナゴですみません。

いやー。
なんか可愛らしいお嬢さんが出てちょっと驚いた。
ごめん正直熟年のご婦人が出るかと思っていたんだ。
「ちょっとお伺いしたいのですが、ビタミン入りカステーラございますよね?こちら1本のカロリーはどれくらいでしょうか?」
という僕の唐突な質問に動揺もせず「少々お待ちいただけますか?」と一度保留になったものの、ものの数秒で「お待たせいたしました。1本168Kcalになっております」と即座に答えてくれたよ。
うーん。よくある質問なのだろうか?すばやかったね。
それにとても明るい声で丁寧な対応。
ますます好印象、高橋製菓。

日々食べているけど、168Kcalくらいなら平気だね、ビタミン入りだしな!^^
by masuo_anago | 2006-09-08 13:52 | アナゴのつぶやき
今日は暑いです。やけに。
途中気温表示を見たら33度でした。クラクラです。
さっきドーナツ食べたのでお腹があまり減らず、今日はドリンクのみで…。
アイスコーヒーもいいけどアイス・オレもいいなあ。
そしてアイスも食べたい。…そんな折衷案としてコーヒーフロートにしてみましたよ♪
f0065721_15575299.jpg
フロートの醍醐味はなんといっても「アイスの下のシクサク部分」ですねえ。
ガツガツ食したあとはオレを満喫。煙草を満喫。
う~ん…外に出たくない…。

ところでここって何時までなんでしょうねえ…。
…5時までなんだそうな。ほう。

おっと観光客のご家族だ。
「電車」ということは君たち、内地の人だな?!ウム。
 
by masuo_anago | 2006-08-21 15:57 | アナゴのつぶやき

突撃小鳥。

先日、リビングでくつろいでいたらいきなりベランダのガラスに。

バン!!!‥‥何かが突撃してきた。
なんか、白くて小さくて、やわらかいもの‥‥。‥‥ふわふわの。

「小鳥だよーーーーー!」
僕と奥さんはちょっとパニックですよ。
僕は外を眺めておりましたから、激突の瞬間も見ていたのです。
何かが物凄い勢いで飛んできて、ガラス面でぶにぃっとひしゃげてはね返ってぼよっと落ちる一部始終を。一瞬ゆがんだ白いふわふわを。

「?!?!」
あわててベランダに駈けよります。
ドコダドコダドコダ?!?!
「あそこだ、奥さん!」
斜め前の隅っこにひっくりかえって、首を向こう側下に上下逆さまで。
こっちに突きだした足がピクピク痙攣している。

‥‥ヤバイ。
僕は思いました。
‥‥これはヤバイことになった。
この小鳥を庭に埋めてあげるにしても、手に取らなきゃ駄目だよね。
その時、おそらく半端ないスプラッタな状況の頭部とかが目に入っちゃったら。
‥‥眠れないよ。忘れられないよ。

しばらく二人で小鳥をじっと見ていました。
僕はハッと思いました。‥‥ガラスは?
慌てて目線を映したガラスにはちょっと脂っぽいオデコをくっつけたような跡があるだけ。
血痕はない。
‥‥最悪スプラッタはまぬがれたようだが。
「ねえ、まだ動いているよね?」奥さんが聞く。
小鳥に視線をもどせば、相変わらずピクピク痙攣する小鳥。
「でも、これはもう駄目かもわからんね‥‥」
「‥‥」
近寄ることも出来ず、かといって目を離すことも出来ず無言で見つめる僕達。
どうすればいいんだ。
いつになったら事切れるんだ。いつまで僕らは見てればいいんだ。
苦しいのか?今瀕死なら、いっそどうにかしてやっちゃう方が良いんじゃないのか‥‥?
それができるのか?

否。
僕らは見つめるだけ。
小鳥は痙攣するだけ。

‥‥
by masuo_anago | 2006-08-18 16:02 | アナゴのつぶやき
うん。
Last.fmのユーザ名、エキサイトIDじゃ「絶対駄目よ」って書いてあったっけ‥‥?
見のがしたな‥‥。
‥‥ん、いや。
※ユーザー名には、エキサイトIDではなく、前のページで決めたLast.fmでのユーザー名を入力してください。
とはかいてあるが、「前のページ」の時に「Last.fmでのユーザー名をエキサイトIDにしないで下さい」とは、書いてなかった。(今確認した)
そもそも「エキサイトのサインアップからサインアップしちゃ駄目よ」なんて当然書いていないわけで、ありえないわけで。
しかしそれが後々面倒臭いことにはまる序章なわけだったりする。

サインアップするなら正規の方からすることを激しくオススメします。

エキサイトIDでLast.fmのユーザ名作っちゃったら、いくらネームカードをログオンしようがログアウトしようが、Last.fmをログインしようがログアウトしようが、駄目。
エキサイトlastfmからログインしようとするが「ログイン」しても何なメッセージもなく同じページに戻るだけ。せめて「何が悪いのか」とかのメッセージはないのかね?
lastfmを見ると「すでにログインしています」と言われるが、結局ユーザで検索してユーザのページを見るとどっちみちログインされていない。つまりダッシュボードは見れない。
正規の方でサインアップしたID(ユーザ名)でログインするとさっくりログインできる。‥‥こりゃ、エキサイトのプログラムの中の人がオカシイと‥‥いえるのでは?

そもそもエキサイトのユーザ名でログインしていたときにプラグインを追加しようとするとネットが繋がっていませんと言われた。繋がってるけれどもね。
なにせヘルプが日本人に優しくないので、接続環境を見たくても何処を見て良いのか。
いよいよもって一回アンインストールして、インストールしなおしたらサインインの段階でパスワードを認識しない。
パスワードを「忘れましたメール」にて一度リセットして設定し直して入れてみても駄目。

‥‥で、気が付いたんだけれどもね?
まあ、遅いっちゃあ遅いが‥‥いや、気にはなってたんだ。なんだか気紛れにログインするから。

登録してそのままプロフィールとかを作ったのは「http://lastfm.excite.co.jp/」。
・「エキサイトIDをお持ちの方はこちらからログイン」といわれて飛ぶ先は「https://lastfm.excite.co.jp/login/」
 ここでログインしようとしてもログインできないと言うことは冒頭に書いたとおり。

一度作ってログアウトなりしてネームカードから「ログインしよう」といわれて飛ぶのは「http://jp.last.fm/」。←エキサイトは既に関係ない!
・「Last.fmアカウントをお持ちの方はこちらからログイン。」といわれて飛ぶ先は「http://jp.last.fm/login/」
 ここでエキサイトの方で作ってしまったユーザ名をいれると「ログインしています」と言われるのは冒頭の通り。
 ここでエキサイトじゃないノーマルのLast.fmで新たに登録し直して、新しく登録したユーザ名を入れると問題なくログインできる。何度ログアウトしても大丈夫。

ここでもエキサイト(ネームカードの中の人)が「やっちまった感」を味わわずにはいられないわけだ‥‥。
(まあ、あるいはLast.fmの「エキサイト対応プログラム変更担当」の中の人の問題かもね。しかしエキサイトのネームカードからエキサイトじゃない方に飛ばす意図が分からないけれどもね)


おいおい~、エキサイトのLast.fm、敷居が高いって言うかこの敷居、気紛れにしか門開いてないのかい?
それとも一回出たら破門かい?
裏口(ノーマルLast.fm)の門は、いつも開放してあるようだが‥‥。

ま、まだ使いさしなので「わかってねえな」な点があったら
すみません。

実際に使いながら書いたんですが、エキサイトのユーザ名の方で「こうすりゃいいじゃん」ということがありましたら、かえって教えて下さい‥‥。
だって、ログインも出来ないからユーザ削除も出来ないんですもん。

ちなみに、時々気紛れにログインする(ダッシュボードに到達できる)こともありますが、再現できていません。アンインスコしたのが敗因か??
by masuo_anago | 2006-08-12 16:39 | アナゴのつぶやき